ラファエル・ナダルが先日行われた「バルセロナ・オープン・サバデル」で優勝しましたね。

得意のクレーコートとはいえ、怪我から復帰してからのナダルは強さ復活って感じがしますね~。ちょこちょこTennis.TVで試合を観ていますが、ストロークが他の選手よりも頭一つ抜けています。以前とあまり変わらない強さを感じることが出来ますが、どうでしょうかね。気のせいではないはずです。

決勝ではアルマグロに押されるところも多々見受けられましたが、終わってみれば6-4、6-3での順当勝利。セットを落とすことなく、決めるところはちゃんと決めて勝利を収めています。

あれ、そういえば今大会のナダルは1セットも落としていないんじゃなかったっけ?どうだっけな。

あと、惜しかったのが錦織。もう一つ勝てばナダルと対戦できたんですよね。ランキング64位のラモスに、3回戦で負けてしまったのは痛かったです。ラモスはクレーコートが得意とのことですが、錦織が勝てないほど強かったということですかね。この試合はTennis.TVでもやってなかったので詳しくは分かりませんが・・。

久しぶりにTOP4と錦織の試合、観たかったなぁ。残念に思っている方も多いのではないでしょうか。

次回はムチュア・マドリッド・オープン男子に出場する予定の錦織。気分を入れ替え、圭らしいプレイで勝ち進むことを願っています。あと、Tennis.TVで放送されることも願ってますW

++++++++++

いつの間にか錦織の話題になってしまいましたが(笑)、この記事の主役はナダルでした。バルセロナ・オープン2013、優勝おめでとう!!

次も素晴らしい試合を期待してます♪