au損保【あうて】では、「ケガの保険 日常の事故」という保険が用意されています。加入することで日常・スポーツ中のケガの補償、加害事故に対する賠償、そしてコースによっては携行品の補償もされます。

内容

●ケガの補償

日常生活をはじめ、スポーツやレジャー中のケガを補償してくれます。もちろんテニス中のケガも補償されます。被保険者本人のみ適用。

●賠償責任の補償

日常やスポーツ中に事故を起こし、相手にケガをさせた場合に補償してくれます。また、自分の代わりに相手側と交渉してくれる「示談代行サービス」も含まれます。

注意点は、被保険者本人のみ適用ということ。さらに自動車・バイクによる加害事故などは対象外。自転車については書かれていませんでしたが、おそらく対象外だと思われます。

●携行品の補償

シルバーコース以上という縛りがありますが、持ち物の破損・盗難の際の補償もしてくれます。被保険者本人のみ適用。

●その他

自転車ロードサービス:自転車が壊れた時に搬送してくれます。

●注意点

補償の対象は全て「被保険者本人」です。家族には適用されません。

●公式サイト
【あうて】ケガの保険 日常の事故【月々370円~】

テニス保険としてどうなの?

ケガの補償や賠償責任補償もあることから、テニスをする上で特に問題視されることの補償はされるでしょう。ただし、ラケットの補償はランクが上の「シルバーコース以上」でないと受けられないのが痛い所。

また、基本的に被保険者(自分)だけにしか適用されないため、家族(特に子供)がテニスをする場合には向いていないかも知れません。

保険料は一番下の「ブロンズ」なら月々370円とかなり安いため、自分一人の保険としてはかなり良いかと思います。

保険金額(ブロンズの場合)

月払い保険料  370円
死亡・後遺障  100万円
入院保険金日額  2,000円
手術保険金  1万円または2万円
個人賠償責任  1,000万円
救援者費用等  100万円

保険金額(シルバーの場合)

月払い保険料  880円
死亡・後遺障  200万円
入院保険金日額  4,000円
手術保険金  2万円または4万円
通院保険金日額  500円
個人賠償責任  5,000万円
携行品損害  10万円(自己負担額3,000円)
救援者費用等  100万円

 

【公式サイト】
【あうて】ケガの保険 日常の事故【月々370円~】

テニス保険 関連リンク