ムチュア・マドリッド・オープン2013の二回戦。錦織圭とトロイッキの試合です。

Tennis.TVで放送がありましたので、そちらで観ることが出来ました。画質が悪いし途中で乱れたりするのが得意のTennis.TVですが、試合が最後まで観れたので良かったです(笑)

さて、レビュー。まず言いたいのは「じ、実は危ない試合だったんじゃないか・・」ということ。

いやいや、この試合は途中でトロイッキが切れてしまったんですよね~。それで試合自体が何か変なムードにもなりましたが、実トロイッキが切れてくれなかったら危なかったかも知れません。第一セットは彼にペースを掴まれている試合運びでしたので。観ているとモヤモヤしたものです。錦織がブレイクポイントを何度も何度も握るのに、そのたびトロイッキに挽回されてましたからね。

そうこうするうちに錦織がブレイクされ、5-3のセットポイントに・・。

普通、ここで第一セットはトロイッキに取られてもおかしくないのですが、何とトロイッキが審判の判定や自分のミスに業を煮やし、ついにキレ気味になってしまったのです。まあ、切れたくなる気持ちは分からなくないですが、こうなると良いプレイは出来ません。当たり前ですが負けへの道を一直線です。そんなこんなで錦織がここでブレイクし、最後のもう一度ブレイクに成功して、最終的には第一セットを7-5で奪うことに成功しました。

こうなると第二セットは錦織ペース。絶妙のドロップショットは何度も決まるし、パッシングやトップスピンロブも決まりまくります。結局第二セットは6-2で獲り、試合終了。

7-5、6-2

winner 錦織

いやー、どうなるかと思ったけど、勝ったので良かったです。さあ、次は待ちに待ったフェデラー戦ですよ!GAORAでも深夜0時から緊急放送が決まっていますし、Tennis.TVでも放送予定となっています。

力の限り応援しますよ!!