基本的な日焼け対策を載せています。全部行う必要はありませんが、日焼けしたくないという方は出来るだけやっておいた方が良いと思います。

紫外線対策

[サンバイザーは必須]
まずは最も気になるであろう「顔」の対策ですが、サンバイザーは必須のアイテムとなります。紫外線が強くなる春~夏場、さらに秋までは本当に欠かせません。真っ黒な顔になりたくない方は、何も言わずにサンバイザーだけは買っておきましょう。

紫外線が気にある方にとっては、ラケットよりも必要になるかも・・?

ちなみに、顔に日焼け止めを塗りたくないという方で、サンバイザーだけで紫外線対策を済ますという方もいます。たしかにこれでも結構なガードになるので良いのですが、焼けたくないなら日焼け止めは塗っておいた方が良いでしょう。

また、頭皮も日焼けしたくない!という方は、サンバイザーではなく帽子の方を選ぶのがいいです。

> Amazonでサンバイザーをチェック
> Amazonでテニスキャップをチェック

[フェイスカバー]

最近、テニスをやっているとよく見かけだしたのが「UVフェイスカバー」です。帽子やサンバイザーで防ぎきれない部分をガードしてくれるアイテムです。

春~秋の紫外線が強い時期に着用している女性が急激に増えており、管理人の所属しているサークルでも半分以上の女性が付けるようになったため、このアイテムもこの場に加えることにしました。

顔を徹底して紫外線から防ぎたい!という方の大きな味方になってくれるので、一つ持っておくと便利かと思います。

ただ、UVフェイスカバー&サングラス&サンバイザーという完璧装備でいる場合、顔が見れないので誰が誰なのか全く分からなくなります。同じ格好の人が数人いると、もはやパニック状態(笑)になりますので、出来れば見分けが付くようにしてほしいというのが男子側からの願いです・・。

[サングラス]

上記のサンバイザー、UVフェイスカバーに加え、サングラスを着用すれば顔の紫外線対策はバッチリです。サーブを打つ時のまぶしさを防ぐ役割もあるので、夏場のテニス時には持っておいて損はないアイテムの一つと言えるでしょう。

スポーツサングラスは色々ありますが、テニスをする上では「オークリー」が有名どころで、とてもオシャレなので良いのではないかと思います。
オークリーのスポーツサングラス

ただオークリーは少々価格が高いです。楽天やAmazonでは安いスポーツサングラスも売られていますので、サングラスを探している方はチェックしてみてください。

> 【楽天市場】テニス用サングラス
> Amazon.co.jp: テニス用サングラス

[長袖、長ズボン着用]
お次は体の紫外線対策。顔と同様、ここも非常に重要です。
まず押さえておきたいのが「長袖、長ズボンの着用」です。日焼け止めを塗りたくない方は、これに頼ると良いでしょう。地肌に紫外線を浴びるよりも、はるかにダメージを軽減してくれます。

ただ、紫外線は衣服も通過しますし、それで日焼けもしてしまいます。なので、出来ればUVカット機能が付いている長袖やパンツを着るのをお勧めします。

※ 熱中症について
夏場に長袖・ロングパンツを着てテニスをやるのは非常に暑く、これを着るのが一つのハードルになってしまいます。が、日焼けによる疲労が軽減でき、汗を吸収・蒸発させてくれるため、熱中症対策にはこちらの方がお勧めとも言われています。健康的に考えるなら、夏にこそ薄手の長袖、ロングパンツを着るのも良いようです。

> 【楽天市場】UVカット – レディースウエア テニス

[グローブ]
テニスをしていると、手の甲が日焼けされている方をよく見かけます。そう、焼けるんですよ、手の甲って・・。

対策としては「テニス用グローブ」が良いですね。確実に手の甲の日焼けをガードしてくれます。

ただし、本気でテニスをしている方の場合は、グローブを着用すると微妙な感覚のズレが生じるかも知れません。使った結果、プレイに支障が出てしまうという場合には着用しない方が良いですね。その場合は日焼け止めで代用しましょう。

> Amazonでテニスグローブをチェック

[日焼け止め(UVカットコスメ)をこまめに塗る]
テニスをしている方の紫外線対策に必須のアイテムが「日焼け止め(UVカットコスメ)」です。最近では汗でも落ちにくいタイプのものが充実していますので、かなり使い勝手は良くなっています。サンバイザーと共に、確実に持っておいた方が良いアイテムの一つですね。

顔、体、手の甲など、服でガードしきれない部分には必要不可欠です。塗るのと塗らないのではだいぶ日焼け状況が変わってきますので、出来るだけ塗っておいた方が良いでしょう。

また、部活やサークルなどで本気のテニスをしている場合、長袖長ズボンを着るという「余裕ある状況」にはならない場合も多々あると思います。そんな時は開始前に塗るのはもちろん、休憩時にもこまめに塗るようにしましょう。

※ UVカットコスメのお勧めについてはこちらのページで詳しく紹介しています。

[インドアコートを使う]
テニスクラブなどではインドア(屋内)のコートが用意されているところがあり、予約をして使用することが出来ます。屋内なので日焼けの心配がなく、天候による中止もないので、テニスをするのにベストな環境となります。

ただし、区営や市営、学校のコートではまずお目にかかることがなく、価格が高めのテニスクラブの会員になってようやく使えるという場合が多いです。経済的には優しくないですが、余裕のある方には非常にお勧めなのがインドアコートです。

インドアコートを探している方は、Google検索で「地域名(例:東京) インドアコート」と検索してみてください。

日焼け止めの記事一覧

  1. テニスやるなら紫外線対策をしていこう
  2. テニス時の基本的な日焼け対策 ←今ココ
  3. もしも日焼けしてしまったら早急なケアを
  4. テニス時の日焼け止めのおすすめ品