ここでは日焼け後の簡単なケア方法を載せています。

日焼けは軽い火傷であり、肌へのダメージは相当なものがあります。さらにシミ・シワ・老化への影響も心配です。

痛くなるまで焼いてしまった方はもちろんですが、「もしかして日焼けしたかな・・」と不安に思っている場合は、すぐにクールダウンや水分補給をするようにしましょう。

まずはクールダウン

日焼けは軽い火傷と同じですので、まずは冷たいシャワーを浴びてクールダウンするのが良いでしょう。テニス後、クラブハウスなどでシャワーを使える環境がありましたら、すぐに冷たいシャワーを浴びてください。無ければ家に帰ってすぐに浴びましょう。酷い日焼けの場合は氷で冷やすのも良いですね。

すぐにシャワーを浴びれない場合は、水道で腕や顔だけでも冷やしてあげてください。濡れタオルなどを利用して、継続的に冷やすのも良い方法です。

ビタミンを補給する

バナナ

日焼けは「黒くなる」などの皮膚の表面的な問題だけでなく、体の中にまで影響を与える「活性酸素」を大量に生み出すと言われています。活性酸素は老化の原因と言われており、若さを保とうとする方の大敵となります。また、生活習慣病の大きな原因になっているとも言われています。

なので、日焼けしてしまったな・・と思ったら、フルーツを積極的に摂取するようにしましょう。活性酸素への対策としてはポリフェノールやビタミンが挙げられますが、これらは多くのフルーツに含まれている成分です。

例を挙げると
・バナナ
・ぶどう
・オレンジ
・りんご
・プルーン
・キウイ
・苺

などがあります。他にも各種フルーツ、またはトマトなどもお勧めです。自分が好きなもので良いですので、積極的に摂取していきたいところです。

化粧水・美容液で保水

日焼けしてしまった肌は水分が不足している状態です。そこで潤いを与えるために化粧水をこまめに塗って水分補給してあげましょう。

お勧めの方法としては、安くてもいいのでたっぷり使える化粧水を用意し、コットンを使ってペタペタと肌に浸透させていくのがいいです。こまめに塗り直し、惜しみなく肌に付けてあげるのがポイントです。

十分に肌に染みこませたら乳液や美容液を肌に塗りましょう。含まれる油分がフタの役目を果たしてくれますので、浸透させた水分が逃げるのを防ぐためにも塗っておいた方が良いでですね。

日焼け止めの記事一覧

  1. テニスやるなら紫外線対策をしていこう
  2. テニス時の基本的な日焼け対策
  3. もしも日焼けしてしまったら早急なケアを ←今ココ
  4. テニス時の日焼け止めのおすすめ品