初心者の方には意外かもしれないですが、テニスボールは種類が豊富にあります。製造しているメーカーによって微妙に異なりますし、プレッシャーボールかノンプレッシャーボールかの選択もあります(プレッシャーボールについての詳しい解説はこちら)。

ほとんどの場合、自分が所属するチームや学校の経済状況か、もしくは練習に使うか試合で使うかによって購入すべきボールは決まります。ただこれ、初心者だと何を選んだらいいのか、ほとんど分からないと思います。

そんな訳で、このページでは「テニスボールの選び方」を初心者でも分かりやすいように解説してみたいと思います。

色々な種類のボールが登場するので最初は覚えにくいと感じるでしょうが、テニスに慣れていくにつれて自然と名前や特徴なども覚えていくと思います。今は何となくで良いので、大雑把な感じで捉えておけばいいかと思います。

質の良いボール

試合用か、もしくは本気の練習の時に使いたいボールが以下の3種類。

ダンロップ フォート
ブリジストン XT-8
ダンロップ スリクソン

モチベーションの高い「本気チーム」は、練習時でもこれらの質の良いボールを使う傾向にあります。

知名度としては「ダンロップ フォート」が一番で、かなり高い頻度で見かけます。次いで見かけるのが「ブリジストン XT-8」で、ダンロップ フォートに次ぐくらいの人気があると思われます。価格は、両方ともボールの中ではかなり高い方です。1球で250円~350円くらいします。

この2つは試合用としてよく使われますが、練習用として使っているチーム・グループも多く見かけます。メンバーからボール代を定期的に徴収すればそれは可能となりますので、メンバーの本気度に合わせて購入を検討すると良いでしょう。

「ダンロップ スリクソン」はその2つと同じくらいランクの高いボールで、大会の公認ボールに指定される機会も多いです。非常にボールの質と打球感が良いボールですが、お値段はテニスボールの中では最上級な上に、あまり長持ちしないという話も聞きますので、経済的にはよろしくないかと思われます・・。1球で300円前後しますので、経済的に余裕のあるチーム・グループでないと、なかなか大量購入はできないボールだと言えますね。学校の部活や、大学のテニスサークルでは使う機会は少ないでしょう。

もしも出場予定の大会の公認ボールが「ダンロップ スリクソン」だった場合は、事前に購入してボールに慣れておくのがベストです。が、それ以外の場合ならば「ダンロップ フォート」でも十分であり、多くのテニスプレイヤーはそのことを何となく知っているため、見る機会の少ないボールとなっています。

そこそこの質のボール

価格が安いため、練習用として大量購入しやすいボールが以下の4種類。

ダンロップ St.JAMES(セントジェームス)
ブリジストン ツアープロ
ブリヂストン NX1
ウィルソン チャンピオンシップ・エクストラ・デューティ

他にも色々ありますが、有名どころとして今回はこの4つを挙げさせていただきます。

どれも1個100円ちょっとで購入できるため、学校の部活やテニススクール、テニスサークルなどの練習時には大活躍してくれるボールたちです。試合球として使われることはあまりありませんが、使用感・打球感・ボールの質はそれほど悪くありませんので、普通に打っている分には目立って悪い点は見当たらないと思います。

安いので練習用として大量購入するのにも向いており、多くの部員を抱える学校やクラブ、メンバー数の多いサークルなどでは非常に活用されているボールたちです。練習用としては優秀の一言に尽きます。

上記の4つのボールはどれもコート上でよく見かけるもので、どれもかなり有名(というか一般的?)です。もしも購入する時にどれを買おうか迷う場合は、お店で一番安く売っているのから選んでも問題ないと思います。それか、何種類か買ってみて使いやすいと感じたボールに統一していくのが良いでしょう。

お店のテニスコーナーにいけば、大抵この4つのうちのどれかは売っていますので、探し回ることなく手に入るでしょう。安く買いたい場合はネットを利用すると良いでしょう。この4種類はかなり大量に売られており、人気が高いシリーズです。

個人的には「ダンロップ St.JAMES(セントジェームス)」か「ブリヂストン NX1」をよく使う傾向にあります。これらを選んでいる理由は・・特にありません。ネットで安い時に適当に買っていると、この2つがいつの間にか溜まってきた・・とかそんな感じだと思います。大した理由がなくてスミマセン。

ノンプレッシャーボール

上記は全てプレッシャーボールですが、遊びでテニスをやる場合はノンプレッシャーボールも検討してみることをお勧めします。

メーカーはどれでもOKです。
「Amazon」でノンプレッシャーボール一覧をチェック
「楽天」でノンプレッシャーボール一覧をチェック

打球感、スピン性能、ボールの質はプレッシャーボールに劣りますが、1個100円を切る上に非常に長持ちする(1年~数年くらい)ため、経済的に優しいのが魅力です。

ただ、大会で使われるのはほとんどプレッシャーボールのため、基本的に試合をやる人には向いていないボールです。が、遊びでやる分にはこれ以上ない便利なボールとなることでしょう。週1~2回のサークル活動などにとても適しています。

テニスショップやスポーツショップでも普通に売っていますので、1~2個買って試しに使ってみて、違和感がないようでしたらたくさん購入してみるのがお勧めの方法です。ネットでも非常に安く売っていますので、上記のAmazonやテニス365などで検討してみてください。特にまとめ買いをする場合にはネットでの購入がお勧めです。

ちなみに、私はノンプレッシャーボールは持っていません。理由は、打った感触があまり好きではないからです・・。ただし、仲間が持っていた場合は使う時もありますので、そこまでのこだわりは持っていないようです(笑)

テニスボールの情報一覧

  1. テニスボールってどこで売ってるの?
  2. どのボールを買うべきか分からない人のための3項目 ←今ココ
  3. プレッシャーボール、ノンプレッシャーボールについて
  4. ゴム紐付きは買うべきか?
  5. 中古のボールは買うべきか?
  6. テニスボールの寿命について
  7. 大量のテニスボールをお得に仕入れる方法